ブログ

知っておきたい働き方改革の概要:成功に導くポイントとは? | 働き方改革 | Fleekdrive ブログ

原田千明 原田千明
2018-02-07 | 働き方改革

働き方改革とは?

働き方改革の目的とは?

最近では働き方改革、生産性向上といった言葉を耳にしない日はないほど、すっかり言葉として定着しました。 それほど働き方改革への取り組みが急務となっているということでしょう。
ではなぜ今、働き方改革が必要なのでしょうか?

働き方改革が必要な理由とは?

それは日本の少子高齢化に伴い、生産年齢人口(15~64歳)が減っていることが挙げられます。生産年齢人口が減っているということは、日本の労働力が低下しているということ。つまり、少ない人数で労働力を維持していくためには、一人ひとりの労働生産性を上げていく必要があるのです。
また、育児や介護をしながら働く方が増えたことも働き方改革が推進される理由のひとつです。育児・介護と仕事を両立させながら仕事を続けるためには、短時間勤務やテレワーク(在宅勤務)といった個々の事情に応じて柔軟な働き方を選択できる環境が必要となります。

生産年齢人口の低下

働き方改革を実現するために

では長時間労働を改め、質の高い働き方を実現するためにはどうすればいいのでしょうか。業務でよくある事例を交えながら考えていきましょう。

テレワーク(在宅勤務)で働き方改革

テレワークの導入は企業にも従業員にも多くのメリットがあります。

テレワークのメリット

企業にとってのメリット

1. 育児や介護など従業員が働きやすい環境を用意できるため、優秀な人材が確保できる
2. どこでも仕事ができる環境をつくることで、業務効率が良くなり生産性が向上する
3. プライベートの時間が増えるため、従業員の満足度が上がり、離職率が減少する
4. 通勤減少やオフィスの省力化で使用する電力量が削減し、環境への負荷が軽減できる
5. 非常災害時でも事業の継続性が確保できる

従業員にとってのメリット

1. 育児や介護などの事情があっても、仕事と両立しやすくなる
2. 通勤時間が削減でき、ワークライフバランスの実現に繋がる
3. 病気や怪我など通勤が困難な状況であっても、在宅で働くことができる
4. 職場の場所に関係なく、住みたい場所を選択できる

このように多くのメリットがあるテレワークですが、導入には会社全体の意識改革が必要ですし、新しいシステムが必要な場合もあります。円滑に導入を進めるために、知っておきたいポイントをお伝えします。資料は無料で公開しております。ぜひダウンロードしてください。

■ホワイトペーパー「テレワークで⽋かせないファイル共有サービスの活⽤⽅法」

長時間労働の改善で働き方改革

これまでの様々な研究により、週60時間以上の労働は心筋梗塞を発症するリスクが高いことが分かってきました。加えて1日5時間以下の睡眠は脳疾患・心臓疾患の発症が高まることも指摘されています。つまり、疲労や睡眠不足は脳や心臓への負荷が大きく、自分で気づかぬうちにダメージが蓄積されていきます。

長時間労働は企業にとっても従業員にとってもデメリットしかありません

このように、長時間労働は従業員の健康を損なう恐れがあるだけでなく、仕事と家庭生活の両立を困難にします。とはいえ、会社側が一律に労働時間の削減目標を掲げるだけでは、働き方改革を実現するには難しいでしょう。従業員一人ひとりの働き方は、職種や担当している業務によって異なるもの。その点を考慮せずにルールで縛るだけでは失敗が目に見えています。

大事なのは単純に労働時間を減らそうとするのではなく、なぜ残業をしなければならない状況なのかをまず会社側が把握すること。そして、それを解決するためにはどうすれば良いのかを従業員自身が考え、実行に移すことです。従業員自身が問題の答えを考え出すことにより、他人事という意識が薄れ、結果として時間内に労働を終えようというモチベーションに繋がります。

会社と従業員の両者が満足できる改革を

すでに働き方改革に取り組んでいるという企業は多いですが、それにより従業員が不満を抱えることもあるようです。

よく聞く例としては、
「早く帰れと言われるため業務が終わらない」
「業務自体は減っていないので仕事を持ち帰ることが増えた」
「残業代が減った」
などの意見です。

働き方改革で大きな成果を生み出すためには、ツールの導入や活用にとどまらず、企業文化、人事評価制度、勤務形態の柔軟化などといった広い範囲に目を向ける必要があるでしょう。

生産性を高めるために様々な工夫をしている会社はたくさんありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

トップページへ    資料ダウンロード