共有ファイルを共同編集
最高のチームに必要なのは、ファイル・コラボレーション

今すぐ試す

場所や時間を越えて、『ファイル・コラボレーション』
チームメンバーのポテンシャルを100%引き出して、
最強のチームビルディングで最高のパフォーマンスを

Fleekdriveは、 1つの仕事を複数の人が共同で進める“共同作業”にフォーカスし、 単純なファイルの管理や共有だけでなく、 リアルタイムにチャットでコミュニケーションをとりながらファイルを共同編集することで、
チームでの共同作業を最大化します。
テレワーク・モバイルワーク・ワークスタイルを問わない、新しいファイル・コラボレーションプラットフォームです。

最先端のファイルコラボレーション
リアルタイムに共同作業

単純なファイルの管理や共有だけでなく、同じ1つのファイルを、みんなで一斉に編集することで、確認待ち時間や中断などの時間を削減できます。さらにチャットでリアルタイムにコミュニケーションをとることで、共同作業がスピードアップします。

作成後のファイルに「いいね!」をつけたり、ファイルに「星3つ!」などのレーティングをつけることで、重要で価値あるファイルを可視化することができ、プロジェクトメンバ全員が価値あるファイルを自然に知ることができる仕組みを提供できます。

営業

営業とSEが
共同編集で提案書を作成

提案資料を作成する際、営業的な要素に加え技術的な情報を記載する場合など、営業とエンジニアで提案書のそれぞれのパートを作成することで、後から集約する必要もなく、疑問点はすぐにチャットで解決することができます。

開発

プロダクトマネージャとメンバが、新しいアプリケーションのアイデア表を作成

アイデア出しをする際、チャットでアイデアを出し合って、チームメンバー全員でファイルを完成させることができます。一人で考えるのではなく離れた場所からでもメンバー全員がリアルタイムに参加することができます。

詳しく見る

目的やシーンに応じたファイル共有

目的や業務のシーンに応じて、ファイルの共有方法や受け渡しの方法を変えることで、
セキュアかつ利便性の高い便利なコラボレーションを実現します。

例えば社員とパートナー

ダウンロードさせずに閲覧のみ

ダウンロードさせずに閲覧のみ

社外のユーザーなどファイルを渡したくないユーザとの共有に。

ブラウザで見せるだけの権限設定で、設計書など大切なファイルを渡すことなく共有。ダウンロードしないので古いファイルを使ってしまう心配もなくスピーディーに業務を進めることができます。

例えば営業と見込み顧客

ファイル配信

ファイル配信

アカウントを持たないユーザに対して共有する際に。

製品紹介資料など1度だけファイルを送りたい場合、ファイル配信が有効です。配信したファイルはダウンロードされたかどうか確認も可能。未ダウンロードの人に対してフォローアップするなど、送りっぱなしになりません。

例えばマーケとコンシューマ

公開URL発行

公開URL発行

アカウントを持たないユーザに対して広く共有する際に。

URLを発行して決められたスペースだけを公開することで、ファイルの追加やアップロードなど、双方向のやりとりも可能。ファイルごとにURL発行も可能で製品カタログなどのPDFのURLを発行し、自社のWebサイトからリンクさせることができます。

例えば本社と工場

dummyphoto

クラウドとローカルを同期

アップデートの多いファイルや複数環境で常に最新ファイルを共有する際に。

仕様書、製品マニュアルなどアップデートが頻繁に発生するファイルを毎回ダウンロードしていると非効率です。更新されたファイルは自動であなたのPCに同期。 職場のPCと自宅のPCを同期することで、どちらで作業しても意識することなく常に最新の状態が維持されます。

ファイル共有について更に詳しく

単純作業を自動化

ファイルのアップロードをトリガーに、見積申請や提案書申請などワークフローが自動で申請され、承認後PDFへの変換、承認済みスペースへのファイルの移動などの承認タスクを効率化。

チームメンバ同士のシームレスなコラボレーション環境を体験できます。

詳しく見る

クラウドで文書管理

文書の自動バージョン管理、作成から破棄までのライフサイクル管理、全文検索、タグ、自動採番、日付型やリスト型といった豊富な属性項目の作成など、強力な文書管理機能も備えています。
わずか数分の設定で、すぐに社内の文書管理を始めることが可能です。

詳しく見る

マーケター、クリエータの為に
マルチメディアも

マーケター、クリエータの為にマルチメディアも

ムービーの受け渡しや再生、PhotoshopやIllustratorで作成したファイルの閲覧など、
写真や動画に特化した機能も持ち合わせています。

詳しく見る

ファイルで連携してバリューチェーンを構築

クラウドサービス間をファイルでつなぐことで、販売管理、フィールドサービス、人事総務、マーケティング、社内教育、
様々なレポートの作成などの業務に対する付加価値を最大化できます。

詳しく見る

重要なファイルを扱う上で必要となる、高いセキュリティ

様々なセキュリティ対策

様々なセキュリティ対策

ウイルスチェック

PDF透かしによる情報漏えい対策

ファイルの暗号化

コンプライアンスへの対応

コンプライアンスへの対応

全ての操作を証跡に記録

緻密なアクセス管理

監査機能

データセンターの信頼性

データセンターの信頼性

オートレプリケーション

オートリカバリー

第三者認証

詳しく見る

ファイル・コラボレーションについてもっと知りたい。

導入実績

世界190カ国で利用されています

導入事例を見る

認定機関も認めた、安全なクラウドサービス

Fleekdriveは、財団法人マルチメディア振興センターより、安全・信頼性の情報開示基準を満たしているASP・SaaSサービスであることを認定する「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得。クラウドサービスだからこそ、安心安全にこだわりました。

中小企業が安全に、そして安心して持続的にビジネスで活用できるクラウドサービスの要件を定めた審査ガイドラインに沿って、厳正に審査をおこない、審査基準をクリアしたサービスとして認定されています。

セミナー・イベント情報

セミナー・イベント一覧

お知らせ

お知らせ一覧

体験してください