OPTION

電子帳簿保存法オプション(β版)

※正式版は2022年6月リリース予定です。

よりシームレスな
働き方を実現する新オプション

Fleekdriveと電子帳簿保存法オプションを連動することで、電子帳簿保存法に基づき、社内外問わず契約や各種書類の電子化が認められます。時代に合わせた働き方をしていく上で、より円滑な業務サポートが可能になります。

既存Fleekdriveに追加するだけ!
電子帳簿保存法に
対応した新オプション登場

企業向けオンラインストレージサービス

様々なデータをオンライン上で社内外へ
簡単且つセキュアに保存・共有することが可能

書類や契約等の電子化を認めた法令

請求書・納品書・注文書・領収書などの
書類を電子帳簿保存法に則り、保管・管理可能

電子帳簿保存法オプションの導入で
あらゆる関係書類を全て
オンライン
で繋ぎ、
効率的な管理体制
構築する事ができます。

電子帳簿保存法とは

国税関係書類・会計帳簿・領収書などの
法定保存文書を、
電子データで
保存することを容認する法律です。

電子帳簿保存法の仕組み

※電子取引(EDI、電子メールで受け取った取引関連書類。領収書、請求書、納品書、契約書など)
※スキャナ保存(紙で受領した取引関連書類。領収書、請求書、納品書、契約書など)

クリアしなければならない5つの要件

  • 保存義務
  • 真実性の確保
  • 関連書類の備付
  • 見読性の確保
  • 検索性の確保

電子帳簿保存法に対応する
メリット

  1. MERIT 01

    紙の管理、郵送、印刷などの

    コスト削減

    • ファイリングなどの整理作業負担軽減、ファイル、什器などの購入が不要

    • 保管スペースの確保・管理、輸送が不要

    • 電子契約においては印紙が不要

  2. MERIT 02

    BCP対策・企業のリスクを考えた

    コンプライアンス強化

    • 誤って廃棄したり、災害などで紛失する心配がない

    • 情報漏洩の心配が少ない

  3. MERIT 03

    ハイブリッドワークに合わせた

    働き方改革推進

    • 自由な働き方の阻害要因となる紙の存在を排除

    • 電子契約の場合は、署名や印鑑をデジタルデータで管理可能

CONTACT

オプション導入を
ご検討の方へ

本オプションについて詳しく知りたい方は概要書をご覧ください。ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Fleekdriveの電子帳簿保存法
オプションでできること

スキャナ保存・電子取引で
受領した電子データは
Fleekdriveでの取り扱いが可能です。

  1. MERIT 01

    業務全体の最適化

    Fleekdriveならではの業務プロセスの改善やワークフロー、権限制御などの既存サービスを組み合わせることで、「電子帳簿保存法」に準拠しつつ、業務全体の最適化を行うことが可能です。

    電子帳簿保存法オプション手続きフロー
    電子帳簿保存法オプション手続きフロー
  2. MERIT 02

    様々な書類を徹底保管

    スキャナ保存、電子取引など様々な保存方法に対応しているFleekdriveなら、国税関係から取引書類、電子取引など、お客様の大切なデータをしっかり保管します。

CONTACT

オプション導入を
ご検討の方へ

本オプションについて詳しく知りたい方は概要書をご覧ください。ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。