ブログ

Fleekdrive10月リリース内容をご紹介!【第1回】さらにセキュアなIPアドレス制限を利用したファイル共有が可能に

石部 智則 石部 智則

皆さま、こんにちは。
Fleekdrive は10月末、多くの機能を追加したバージョンアップを行います。
今回から数回にわたって新機能の内容を速報でご紹介してまいります!

【今回のバージョンアップ内容】
第1回 さらにセキュアなIPアドレス制限を利用したファイル共有が可能に ←今回はこちら
第2回 FleekdriveモバイルにてPDFに手書きが可能に(MetaMoJi Note for Business連携)
第3回 Salesforceのオブジェクトでレコードを作成すると、自動的にスペースを作成
第4回 自社独自のサブドメインによるセキュアな運用でシャドーITを防止
第5回 日付型のFleekdriveカスタム項目を基準に指定日時に自動通知が可能に
第6回 強化されたファイルチャット機能でコラボレーションがさらに加速

■さらにセキュアなIPアドレス制限を利用したファイル共有が可能になります。

今までのIPアドレス制限はグローバルIPでのみの制御であったため、ユーザやグループに対して細やかなアクセスコントロールができませんでした。
IPアドレスでアクセス制限する際、全てのスペースやユーザは同じ条件で制限が掛かるため、セキュアな運用が可能でしたが、柔軟な制御ができず、利便性を損ねてしまう一面がありました。

今回のバージョンアップでは、ユーザごと・スペースごとのIPアドレス制限が可能になります。※スペースごとのIPアドレス制限はBusinessプランのみでご利用いただけます。
本社、支店、営業部門、研究開発部門、ビジネスパートナーなど、場所やミッションが様々な中、新しいIPアドレス制限機能により、さらにセキュアなファイル共有を可能にします。

これにより、同じユーザであっても、あるスペースには社内にいるときにしかアクセスできないなど決められた拠点からのみアクセスを許可することができます。

セキュリティと利便性は常にトレードオフとなりますが、より細やかなアクセスコントロールができる事によって、セキュリティを担保しつつ利便性を損なわない運用が可能になります。

よりセキュアなIPアドレス制限

これまで、IPアドレス制限をご利用でなかったお客様も、セキュリティ強化のために本機能のご利用をご検討ください!

※これまでIPアドレス制限がご利用いただけなかったTeamエディションでも、テナント全体、ユーザごとのIPアドレス制限がご利用いただけるようになります。
スペースごとのIPアドレス制限はBusinessプランのみでご利用いただけます。

製品詳細ページはこちら