ブログ

スキャナー連携で紙資料の管理にもう困らない! | Fleekdriveの使いかた | Fleekdrive ブログ

菅原 輝之 菅原 輝之

企業でのペーパーレス化が推進されてはいるものの、申込書や契約書など主に窓口業務で使われる書類はなかなか電子化できず、記入後の書類管理でスペースと時間が奪われていませんか。そんな紙資料の電子化にはスキャナーが欠かせません。

通常のスキャナーによる保存

オフィスにスキャナーがある企業であれば、すでに電子化を行っているかもしれませんが、その場合でも、一度自分のPCに保存してから共有のファイルサーバやクラウドに移動しているのではないでしょうか。高性能な複合機などであれば、直接保存できるかもしれませんが、一律で同じフォルダに入れられてしまい、そのあとの分別が大変になるなど、スマートな処理が難しいようです。

通常のスキャナ保存

「スキャンボタン」で直接クラウドに保存

Fleekdriveに対応したスキャナーであれば、接続するだけでFleekdriveの画面からスキャナー操作が可能になります。Fleekdriveで保存したいスペース(フォルダ)を選び、「スキャンボタン」をクリックするだけです。ファイルの種類、解像度、OCR(光学的文字認識)などスキャンの際の細かい設定もFleekdriveから可能です。スキャナーから取り込まれたデータはそのままFleekdriveのスペースに保存されます。

スキャンボタンをクリック

高度な設定

全文検索にも対応

PDF保存したファイルはOCRにより文字情報を保持していますので、紙に印刷された文字や手書き文字を検索することが可能です。これまでファイリングされた紙資料から目視で探していた手間がなくなり、必要なファイルはすぐに取り出すことができます。

全文検索対応

スキャナー連携のポイントまとめ

・対応スキャナを接続するだけでFleekdriveへ直接ファイル保存できます。
・スキャンしたファイルの印刷文字や手書き文字を全文検索できます。
・ペーパーレス化と紙資料の活用が促進されます。

Fleekdrive(フリークドライブ)の詳しい資料はこちらから