ブログ

社外秘資料も安心!FleekdriveでPDFに透かしを入れる方法 | Fleekdriveの使いかた | Fleekdrive ブログ

原田千明 原田千明

PDF形式で扱うファイルには、たとえば取引先への見積や製造図面など、外部に出したくないデータが記載されていることが多いもの。データの持ち出しを禁止するのはもちろんですが、あらかじめ持ち出せないように管理しておくことが大切です。対策のひとつとして有効なのは、PDFに透かしを入れることです。

PDF透かし機能

このように透かしをPDFに入れておけば、万が一ファイルが流出した場合に、どこから流出したかの特定に役立ちます。また、透かしはユーザの目に留まりやすいため、データの慎重な取り扱いを促すことにも繋がり、スクリーンキャプチャの抑止も期待できるでしょう。

PDF透かし機能とは?

PDFファイルに「社外秘」「部外秘」などの透かしを入れたい場合は、FleekdriveのPDF透かし機能が便利です。ユーザIDやダウンロード時間が入るようにも設定できますので、データ持ち出しなどの不正利用を牽制することができます。

FleekdriveのPDF透かし機能設定画面

ヒューマンエラーによるミスを減らす努力はもちろん必要ですが、システム側で容易に情報を持ち出せないように、そして持ち出しても活用できないような仕組みを築くことが情報漏えいを防ぐには重要なのではないでしょうか。

PDF透かし機能のポイントまとめ

・PDFに透かしを入れることで情報漏えいの防止に努めましょう。
・Adobe AcrobatがなくてもFleekdriveでPDF透かしができます。
・ユーザIDやダウンロード時間の透かしが入るように設定できます。

Fleekdrive(フリークドライブ)の詳しい資料はこちらから