鎌倉発祥の「鎌倉シャツ」。 メーカーズシャツ鎌倉株式会社では「上質なシャツを手頃な価格で提供する」をポリシーに、25年間にわたりこの鎌倉シャツを作り続けている。サダ・マーチャンダイジングリプリゼンタティブ(以降、略称SMR)は、このメーカーズシャツ鎌倉のマーケティング、出店戦略、商品開発を一手に担う企業である。早期からSPA※モデルを取り入れ、またデジタルトランスフォーメーションの取り組みにも積極的であり、アパレル業界の中では先進的企業と言える。
「世界で活躍するビジネスパーソンを応援する」という企業理念のもと、上質なシャツを提供し続けるSMRが現在注力しているサービスが、「Made to Measure」と呼ばれるパターンオーダーシャツである。
お客様ごとに適したフィット感を実現するために、限りなくフルオーダーに近い、様々な箇所の部分補正が可能で、300種以上の生地から選ぶことができる。

オーダーシートをFAXで送り、さらに郵送するという二度手間

現在では、世界中から毎日オーダーが入るようになり、ビジネスとしての手ごたえを感じているが、「ここまでたどり着くには、いくつかの課題がありました」と語るのはSMRのオンラインショップとパターンオーダーシャツを担当する上島氏だ。
以前は、パターンオーダーシャツの納期は1カ月、とお客様にご案内していたそうだ。上質なオーダーシャツを少しでも早くお客様のもとへ届けるため、受注から生産、出荷に至るまでの工程を見直し、徹底的に効率化した。
店舗で注文を受ける際にオーダーシートに記入し、それをSMRから縫製工場にFAXで送信。さらに、FAXだと細かい数字などが判読できないこともあり、オーダーシートを追って郵送していた。縫製工場では、受け取ったオーダーシートを見ながら、パターンシステムに入力するため、誤入力による生産ミスも発生していた。「お客様の元にシャツが届いてから、初めて間違いに気づくということもありました」(上島氏)。

工場との情報連携に必要なのは“扱いやすさ”

サービスが好評を得て、需要が増えつつあるなか、より多くのお客様に少しでも早くシャツを提供することを目指すSMRは、パターンオーダーシャツ生産における情報連携の改善を検討し始めた。工場とのやりとりにおいては、PC操作に慣れていないスタッフに配慮し、使い勝手の良いサービスを探していたところ、Fleekdriveを知ることになる。「ユーザーインターフェースやファイルをアップロードする時の操作感など、Fleekdriveの扱いやすさは決め手のひとつとなりました」(上島氏)。導入時には工場に出向いてレクチャーを行ったが、使い方を理解してもらうまでには時間がかからなかったという。

1カ月だった納期が2週間に、売り上げは約2倍に!

Fleekdrive導入を含めた改善の結果、仕組みは大きく変わった。今では毎朝、店舗から送られてきた前日のオーダーシートをまとめてPDFにして、Fleekdriveにアップするだけ。縫製工場ではそれをダウンロードして、必要な情報をCADに読み込むだけで縫製にかかれる。ミスもなくなり、1カ月だった納期が2週間で商品がお客さまのもとに届けられるようになった。この納期の短縮は、大きなセールスポイントとなった。縫製工場の生産能力があがってきたこともあいまって、オーダーシャツの売り上げは以前に比べ、約2倍になった。さらに、オーダーシートにかかっていたFAX通信費や郵送費などのコスト削減を実感することができた。

社内業務の時短にも貢献

Fleekdriveの活用は、オーダーシートの受け渡しのみにとどまらない。本社内での情報共有をはじめ、各店舗への資料配布にもFleekdriveを利用している。また、縫製工場では工場間での情報共有、本社や店舗との入荷報告書、伝票のやりとりに、さらにはオンラインショップでの倉庫とのやりとりなど、Fleekdriveの利用範囲は多岐にわたる。
これらのやりとりにおいても、以前まではFAXやメール、他システムなどが混在し、手間が生じていたが、Fleekdriveにより本社はもちろん、店舗、縫製工場の勤務時間の短縮に貢献する結果となった。