2019/11/26

東邦ガステクノが「Fleekdrive」を採用 モバイル活用による情報共有で月300時間の業務時間削減を実現

株式会社Fleekdriveが提供する企業向けオンラインストレージ「Fleekdrive(フリークドライブ)」は、東邦ガステクノ株式会社(以下、東邦ガステクノ)に2017年9月から採用いただいております。同社のガス関連工事事業において、Fleekdriveは業務スピードの改善や長時間労働の是正に貢献し、月300時間の業務時間削減を実現しました。


東邦ガステクノ社員のみなさま

東邦ガステクノについて

東邦ガステクノ(愛知県名古屋市、取締役社長:長谷川宏幸)は、東海3県(愛知・岐阜・三重)の道路や戸建てのガス供給管工事、マンションや大型施設の配管工事を50年以上にわたり行っている東邦ガスグループの中核工事会社です。道路をほとんど掘削することなく、既設の鋳鉄管をポリエチレン管に入れ替えるオリジナル工法を取り入れ、幅広い事業を展開する一方で、震災などの緊急時には被災地に人員を派遣するなど、社会貢献にも尽力しています。

業務スピード改善における課題

ガス供給という生活に欠かせないインフラ事業であるため、「お客様第一」のポリシーのもと、少しでも早く、多くの工事を終わらせることを目指し、業務スピードの改善に積極的に取り組んでいました。しかし、東邦ガステクノと協力会社とのやりとりに課題があり、情報共有の手段としてクラウドサービスを検討、Fleekdrive導入に至りました。

<課題>
・情報共有は、電話やFAXといったアナログな手段がほとんどで、タイムロスが発生していた
・撮影した写真をSDカードに保存して本社に届けていたが、紛失やデータ破損が発生していた
・各現場の情報がFAXで本社に集約されるため、電話で確認しないと詳細が分からなかった

導入効果

Fleekdrive導入を含めた改善の結果、以下のような効果が表れ、全部門で月300時間の業務時間の削減に繋がりました。

・Fleekdriveに図面のPDFをアップロードすることで、移動にともなうタイムロスだけでなく、紛失のリスクもなくなった
・モバイルアプリで撮影した写真を現場でFleekdrive上にアップロードしてもらうことで、本社ですばやく検査報告書などの作成ができ、業務効率化が図れた
・現場から翌日の現場情報をFleekdriveに集約することで、管理者はモバイル端末で各現場の人員配置等を確認できるようになり、一元管理化が進んだ

東邦ガステクノ導入事例の詳細:https://pages.fleekdrive.com/case_tohogus.html

「Fleekdrive」とは

「Fleekdrive」は企業の情報資産を社内外問わず有効活用することができる企業向けオンラインストレージサービスです。業務で利用するファイルに、いつでも、どこでも、すばやくセキュアにアクセスでき、拠点間やグローバル規模など社内ネットワークを超えたファイル共有・管理により、テンポよく作業を進めることができます。

「Fleekdrive」の詳細:https://www.fleekdrive.com/

(株)Fleekdrive会社概要

会社名 : 株式会社Fleekdrive
所在地 : 〒108-0022 東京都港区海岸3-9-15 LOOP-X 6F
代表者 : 取締役社長 上家 富隆
設 立 : 2019年5月7日
資本金 : 5,000万円
決算期 : 11月30日
事業内容: クラウドサービスの販売・サポート
ホームページ:https://www.fleekdrive.co.jp/

【サービスに関するお問い合わせ先】

(株)Fleekdrive 営業部 中嶋
TEL:03-6722-5015 FAX:03-6722-5025
E-mail: sales@fleekdrive.com