クラウドストレージのセキュリティ対策問題を一気に解決

ビジネス利用を前提とした高セキュリティ

ビジネスでの利用を前提に開発されたクラウドストレージ。コンシューマー向けのそれとは一線を画す高セキュリティ。しかも国産。データ消失・ウイルス・情報漏えい、3つのリスクから貴社を守る、確かな技術と、多彩な機能が特徴。

世界190カ国で利用中!Fleekdriveがグローバル企業に選ばれる理由

強固なインフラレイヤー、アプリケーションレイヤーでのセキュリティ

Point.1

ファイルはアップロードした時点でコピーされ、国内2箇所の物理的に離れたデータセンターで、3つ以上のハードディスクに保管

ファイルはアップロードした時点でコピーされ、国内2箇所の物理的に離れたデータセンターで、3つ以上のハードディスクに保管

Point.2

ファイルをダウンロードさせずブラウザ上のみで閲覧させる権限も作成可能

ファイルをダウンロードさせずブラウザ上のみで閲覧させる権限も作成可能

Point.3

USBメモリでファイルを持ち出したり、メールでファイル添付する必要がなく、媒体の紛失やメール誤送信の心配なし

USBメモリでファイルを持ち出したり、メールでファイル添付する必要がなく、媒体の紛失やメール誤送信の心配なし

セキュリティ機能

PDFセキュリティ

スペースからPDFをダウンロードする際に、ファイルのコピー禁止や内容のコピー&ペースト禁止、印刷禁止、暗号化などセキュリティをかけることができます。これにより、ファイル内容の漏洩を防ぐことが可能です。

PDFセキュリティ

PDF透かし

スペースに透かし設定がされている場合、対象のスペースからコンテンツをダウンロードすると、コンテンツにダウンロードしたユーザIDや名前、ダウンロード時間、固定テキストなどの透かしをPDFファイルに自動的に挿入することができます。これにより、ファイルの持出を抑制したり、持出経路を追跡することが可能です。

PDF透かし

ウイルスチェック

Fleekdriveにファイルをアップロードした時点でウイルスチェックを実行。ウイルス感染の拡散リスクを軽減します。

ファイルの暗号化

保管したファイルは暗号化されるので、安全です。

IPアドレス制限

Fleekdriveへのアクセス元を制限することが可能です。インターネットカフェや海外からのアクセスなど、本来アクセスされないはずの拠点からのアクセスを遮断できます。

高度なIPアドレス見る

サブドメイン運用

自社独自のサブドメインで運用可能なことにより、自社に常駐しているパートナーが、自社のファイルを、パートナーが契約しているFleekdriveへファイルをアップロードするなどシャドーITのリスクを減らします。

詳しく見る

基盤としてのセキュリティ

データセンターのセキュリティ

データセンターのセキュリティ

最先端の電子監視システムと多要素アクセスコントロールシステムを利用しています。データセンターには訓練されたセキュリティ担当者が24 時間、年中無休で配備され、アクセス権限は必要最低限で許可するよう厳格に管理されます。

アプリケーションのセキュリティ

アプリケーションのセキュリティ

外部からの攻撃に対し、X Site Scripting(クライアント側で悪意を持ってJavascriptを動かすことができないように、リクエストパラメータを安全なもの(実態参照)に変換)やX Site Request Forgeries (サーバ上のスクリプトを悪意を持って動かすことができない)、SQL Injectionの対策を講じています。

モバイルでのセキュリティ

モバイルでのセキュリティ

ダウンロードされたファイルはアプリケーション内で管理。USB経由でPCに持ち出したり、別のアプリケーションとファイルを共有することを禁止し、高いセキュリティ性を担保します。

体験してください