プラットフォーム

自由度が高いから、自分に合った使い方が可能

Fleekdriveはフレキシブル。ファイルの属性項目やフォルダの表示項目を、増やしたり減らしたり、自分好みにカスタマイズ。操作権限・アクセス権限も、細かく自由に設定可能。APIで、独自画面を作成したり、他システムに組み込むこともできます。

利用者に必要な属性項目をカスタマイズ
リスト上で表示項目もカスタマイズ

コンテンツやスペース、ユーザの情報にテキスト・日付・チェックボックス・選択リストなどの型を指定して項目を追加することができます。
追加した項目は一覧に追加して表示することができます。

様々な形式の項目を追加可能

様々な形式の項目を追加可能

追加した項目は一覧にも表示可能

追加した項目は一覧にも表示可能

細やかなアクセス権限管理

コンテンツ管理において、複雑な業務要件を実現するためには、非常に細やかな権限が必要とされます。コラボレーションプラットフォームでは、利用ユーザが招待されたスペース単位で、あらゆる要件に柔軟に対応できるアクセス管理機能を提供。このコンテンツに関する権限ロールは、自由にカスタマイズする事が可能です。

ファイルへの細やかなアクセス権限管理

5ヶ国語に対応

5ヶ国語に対応

日本語、英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語に対応。海外拠点とのファイル・コラボレーションで利用されることが多いFleekdrive、各ユーザが好みの言語を使用して、ストレスなくサービスを利用できます。

REST APIによる連携

APIを使用して、他システムとの連携が可能です。画面上で操作可能な機能はAPIを通しプログラムからも実行できます。

独自で画面を作成したい場合や、他システムと連携し、ファイルアップロードやダウンロードなど、自動でアクションをさせることが可能となります。

REST APIによる連携

体験してください