紙からクラウドへ
営業の内勤を減らし
顧客対応力を強化日本化学産業株式会社

Point

  • ■ 社内の規定に即した帳票を、Salesforceから手軽に出力
  • ■ 帳票作成や承認ワークフローを効率化し、内勤業務を低減
  • ■ 全文検索など、優れた検索性で情報を有効活用

日本化学産業の建材営業部は、東京・名古屋・大阪の3拠点を、わずか12名の営業担当者でカバーする。顧客は全国に支店を持つ大手住宅メーカーや建材商社が中心のため、広域な対応が求められる。「1人あたりが担当する顧客数も多く、見積もりや報告書、クレーム対応の書類など、帳票に関わる業務だけでも非常に煩雑でした。このため内勤時間が長くなり、お客さまのもとへ伺う時間が思うように取れないこともありました」(建材本部 営業部長/菅原譲さま)。営業一人ひとりの機動力と対応力を高めるために、業務効率化が求められていた。
これまでの日本化学産業の業務は「紙」が主体。たとえば、クレーム対応などの帳票が発生した場合、営業・品質管理・設計・生産といった複数部門の上長と実務担当者の手を、その紙がわたっていくことになる。帳票を取り巻くワークフローは長大なものになり、承認や対応に時間がかかっていた。また、もし誰かの手元で帳票が止まっている場合、その特定にも時間がかかり不具合が起こることもあった。こうした面からも業務効率化が求められており、Salesforceを導入し、情報のクラウド化を進めることが決定された。
Salesforceの導入を進めるにあたり、新たな課題が浮かび上がる。これまで紙ベースで業務を進めてきたため、業務に必要とされる帳票は数十種類に及ぶ。これらをSalesforceから出力しようとすると、一つひとつのフォーマットを作成するのに別途開発費がかかり、Salesforceの導入コストそのものよりも、さらに大きなコストがかかってしまう。その解決策としてSalesforceから薦められたのが、FleekdriveとFleekformだった。

会社概要

社名: 日本化学産業株式会社
所在地: 東京都台東区下谷2-20-5

利用製品

FleekdriveFleekform