セミナー

【終了】「新たな働き方を創りだす」テレワークに役立つファイル・コラボレーションサービスのご紹介

ご好評によりイベントは終了しました。

■7月24日、テレワーク・デイ開催!
総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び経済界と連携し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした働き方改革の国民運動を展開します。
2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、交通機関や道路が混雑する始業から10時半までの間、一斉テレワークを実施します。

■テレワーク・デイ 実施の背景と目的
2012年に開催されたロンドンオリンピック・パラリンピック競技大会では、交通混雑によりロンドン市内での通勤に支障が生じるとの予測から、市交通局がテレワーク等の活用を呼び掛け、これにロンドン商工会議所をはじめとする企業や市民が賛同する形で、たくさんの企業がテレワークを導入しました。結果として会期中の交通混雑を回避できたことに加え、テレワークを導入した企業では、事業継続体制の確立、生産性や従業員満足の向上、ワークライフバランスの改善等の成果が得られたと報告されています。

2020年の東京大会でも、国内外から大勢の観光客が集まり、大会会場周辺で大変な交通混雑となることが予想されるため、ロンドン大会の成功にならい、2017年から2020年までの毎年、開会式に相当する7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて、テレワーク一斉実施の予行演習を呼び掛けていく予定です。また、オリンピック・パラリンピックを契機として、全国的にテレワークの普及が進み、働き方改革のレガシーとなることを目指しています。

■テレワークに貢献するFleekdrive
Fleekdriveは、一つの仕事を複数の人が共同で進める“共同作業”にフォーカスしています。単純なファイルの管理や共有だけではなく、リアルタイムで複数人が時間を共有して作業し、チャットでコミュニケーションを取りながら編集することで、従来の仕事における無駄な部分がなくなり、業務への取り組み方が変わっていきます。その結果、残業時間自体が減り、社会で求められるワークスタイルの変化に対応できます。これらをファイルコラボレーションと呼んでいます。
Fleekdriveによるファイルコラボレーションは、クラウド環境やモバイルデバイスを活用し時間と場所に対する制約を取り払い、心も体も健全な状態で仕事に取り組むことができると考えます。テレワーク・デイが目指す、働き方改革に貢献できます。
本セミナーではテレワーク・デイに向け実際にFleekdriveで何ができるのか、何から始めれば良いかなどご紹介いたします。

この機会にぜひ、ご参加ください!

プログラム

14:50~15:00 受付
15:00~16:00 本編

  1. ・テレワークの概要と導入のポイント
  2. ・テレワークの導入効果
  3. ・Fleekdriveサービス概要
  4. ・Fleekdrice製品デモ
  5. ・ユースケースのご紹介
16:00~17:00 個別相談会
貴社の具体的な課題相談について、個別相談会をご用意いたしております。
※事前登録をお薦めしております。
※個別相談会が多数の場合は、先着順で締め切らせていただく場合もございますので、予めご了承ください。

※当日の講演内容、アジェンダは変更する場合がございます。

■主催

株式会社ソルクシーズ クラウドサービス事業部

日程・会場

【開催日】 2017年7月13日(木) 15:00~17:00 (受付開始 14:50)
【場所】 株式会社ソルクシーズ本社
東京都港区芝5-33-7 徳栄ビル9F
【地図】 http://www.solxyz.co.jp/company/accessmap
【費用】 無料(事前登録制)
【定員】 20名