タブレットから手書き入力、業務を変えずにデジタル化を支援

タブレット等で慣れないキーボード入力するより、「手書き」の方が、誰でも簡単に入力できるため、現場の作業効率を格段に改善

手書きのまま業務をデジタル化

MetaMoJi社の「MetaMoJi Note for Business」がインストールされていれば、Fleekdriveで管理しているPDFにFleekdrive モバイルでメモやマーキングなど、「手書き」で入力することが可能です。 「手書き」入力が必要だったり、効率が良いシーンで、現場の作業効率を格段に改善します。例えば、申込書のようにサインが必要な書類で、氏名や住所は手書きした文字を素早くテキスト変換して入力、サインなど「手書き」のまま残したい箇所はそのまま残すことができます。編集したPDFはFleekdriveでセキュアに管理・共有が可能です。

※別途MetaMoJi Note for Businessのご契約が必要です。

sf1
sf2

最も伝わりやすい方法で

店舗のレイアウトや商品ディスプレイをする際に、本社などオフィスにいるメンバーに完成した現場の状況を伝えて、変更が必要な場合など、電話と写真を活用して修正などのやりとりをする場合、言葉でうまく伝えることは困難です。このようなシーンでも、図面などに直接手書きすることで情報伝達のスピードと制度が上がり効率をあげることができます。 Fleekdrive に各店舗のレイアウトやディスプレイを保管、共有しておけば、他店舗の例を参考にするなど活用のシーンも広がります。

その他、PCの持ち込みが制限されている、生産管理業務での検査結果記録、店舗などのディスプレイレイアウトの修正依頼書や完了報告書、ビルや物件の点検報告書など「手書き」で書類を作成した後、データをシステムに入力するなど、2度手間がなくなります。 デジタル化できていなかった業務やアナログ → デジタルで行っていた業務がデジタルのみで可能になり業務の無駄を省きます。

※別途MetaMoJi Note for Businessのご契約が必要です。

資料ダウンロード「現場業務に効く!手書きソリューション~紙の便利さをデジタルで~」

体験してください