大企業に採用される理由

権限設定、セキュリティ、拡張性などすべてを網羅

細かい権限設定で管理体制を構築

あらゆる業務で利用されるファイルだから、多拠点の管理、パートナーの管理は必須。社内のシステムとの連携など拡張してさらに効率よく。

Fleekdriveでは会社などの組織を登録して管理したり、システム管理者の負荷を軽減するために、グループごとに管理者を設定することができます。 大規模で効率よく管理しながら利用できるサービスです。

人数が多くてもしっかり管理
人数が多くてもしっかり管理

セキュリティ

高度なIPアドレス制限

高度なIPアドレス制限

スペース(フォルダ)ごとにFleekdriveへのアクセス元を制限することが可能です。同じユーザであっても、あるスペース(フォルダ)には社内にいるときにしかアクセスできないなど決められた拠点からのみアクセスを許可することができます。 セキュリティと利便性は常にトレードオフとなりますが、より細やかなアクセスコントロールができる事によって、セキュリティを担保しつつ利便性を損なわない運用が可能です。

サブドメインでセキュアな運用

サブドメイン運用

プロキシサーバでのアクセス許可と組み合わせることで貴社独自のサブドメイン(例:https://solxyz.app.fleekdrive.com/)でのアクセスのみ許可することができるため、常駐しているパートナーが自社のFleekdriveにファイルをアップロードすることを回避することが可能です。パートナーが多く出入りするような大企業でシャドーITを防止し、セキュアにファイル・コラボレーションすることができます。

自動監視

不穏なアクションも 自動で監視(オプション)

ユーザアクションの証跡を収集することはもちろん、 記録している証跡はシステムで監視することが可能です。例えば勤務時間を定義しておけば勤務時間外にアクセスがあった場合や、ユーザ追加が一定期間内に指定回数以上おこなわれた場合に管理者に通知することが可能です。また、ユーザ追加など特定のアクションに絞ったレポートを出力することが可能です。

Fleekdriveのセキュリティ

拡張のしやすさ

高度なIPアドレス制限

社内システムとの連携

APIを使用して、他システムとの連携が可能です。画面上での操作可能な機能はRest APIを介して利用することが出来ます。独自で画面を作成したい場合や、他システムと連携し、バックエンドのファイルストレージとしてシステム連携することが可能です。

社内サーバと同期

社内サーバと同期

Fleekdriveファイルサーバで、社内のファイルサーバに保管されたファイルを自動的にFleekdriveへアップロードしクラウド化します。社外から社内の最新のファイルに容易にアクセスできるともに、ファイルをクラウド上に保管することによる高度な分散バックアップの機能を実現します。クラウドのファイルが更新されれば社内ファイルサーバに同期することも可能、万一インターネットが不通になった場合も社内ネットワークからファイルにアクセスすることができます。

SSO

シングルサインオン

Active Directory / OneLogin / HENNGE One / SeciossLink / SKUID /CloudGate UNO での認証情報を元に、Fleekdriveにシングルサインオンすることができます。いくつもIDとパスワードを覚えたりする必要がなく複数のサービスをシームレスにご利用いただけます。

Salesforceとの連携はこちら

ブランディング

ブランディング

ブランディング設定機能を利用して、貴社のシステムとしてブランディングすることができます。会社ロゴ、利用者画面のカラー、管理者画面のカラーを、貴社のブランドに合わせて変更することができます。

グローバル利用

グローバル利用

日本語、英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語に対応。海外拠点とのファイル・コラボレーションで利用されることが多いFleekdrive、各ユーザが好みの言語を使用して、ストレスなくサービスを利用できます。

株式会社ベネッセコーポレーション ファイル共有事例

ナレッジ共有を活発化することで営業力を底上げ

模擬試験や教材を提案する教育現場では、常に最新の情報や商品の提供が求められます。お客様との対話の質を高めるためには、高校営業部の営業担当者全員に、最新の情報と知識を共有することが求められていました。これまでは営業拠点ごとにファイルサーバに保管されていた情報は、Fleekdriveによって、部内の社員が常に最新のファイルを共有してお客様への提案に活用できるようになりました。

動画の活用によって提案力をさらにアップ

動画を活用することによって、提案力を画期的に高めることができました。Fleekdriveによって、動画をダウンロードすることなく、効果的なプレゼンテーションの実施が可能になりました。

活用例:経験豊富な先輩社員のセールストークを動画で学ぶことで営業スキルを向上。 活用例:動画を使って商品企画者の声をお客様に届け、説得力があるプレゼンテーションを実行。

事例ダウンロードはこちら

シスメックス株式会社 ファイル共有事例

190カ国、1,700名と世界一括同期し、グローバルビジネスの質とスピードを向上

検体検査に使用される機器と専用試薬、ソフトウェアを190カ国以上に輸出するグローバルビジネスを支えるのが、メンテナンスやサポートを担う1,700名を超える技術者です。サポート対象の機器は約70種あり、日本で作成する機器の最新情報や最新版のマニュアルの共有が最大の課題でした。これまでは、DVDなどのメディアを半年に一度のペースで190カ国に配布していました。 Fleekdriveの導入によって、日本で作成したファイルを予め決められたクラウド上のフォルダーに入れるだけで、190カ国と一瞬にして世界一括同期が自動的にできるようになりました。しかも、Fleekdriveの証跡管理により、一人ひとりに確実に情報が同期されているかを確認することも可能になりました。

インストールも操作もシンプルで、現場への定着が円滑に実現

Fleekdriveのインストールや操作が分かり易く、新しいシステムの導入にありがちな、現場の拒絶反応がありませんでした。販売やメンテナンス部門に留まらず、R&D部門でも、研究開発の過程で必要となる図面などの大容量データを、パートナー企業と共有するためにFleekdriveの追加導入を決めました。

事例ダウンロードはこちら

アンリツ株式会社 ファイル共有事例

特約店様ごとに最適な情報をスピーディに提供

アンリツの販売戦略を支える柱の一つが、特約店体制です。十数社に及ぶ特約店様と連携をはかり、お客様への提案、情報・製品の提供を行っています。以前は、特約店様からの問い合わせはメールや電話で行われ、それをアンリツの担当営業が個別にお応えする、というアナログ的な対応だったため、タイムリーな情報提供ができない場合もありました。 Fleekdriveの導入によって、Salesforceを基盤としたポータルサイトにて、それぞれの特約店様に的確な情報・資料をお届けすることが可能になりました。特約店からの閲覧回数もかなり増え、コミュニケーションを強化することができました。

特約店様の傾向、好みまで把握

Fleekdriveでは、資料閲覧の証跡が辿れるようになっています。各特約店様の閲覧傾向を把握することにより、今何に興味を持っていただけているかがわかるため、営業活動や閲覧者のためのサイトづくりに生かすことができるようになりました。ポータルサイトの導入効果もあり、特約店様ルートでの売上比率は、順調に伸びてきています。

事例ダウンロードはこちら

体験してください